兵庫県の不動産投資サポート会社を集めました
HOME » 初心者必見!不動産投資を成功させる3ヶ条 » 物件購入までの流れを掴むべし

物件購入までの流れを掴むべし

不動産投資を成功に導くための賢い始め方を紹介します。

投資の始め方:不動産投資成功のポイント

いざ、不動産投資をしようと思っても、一体何からはじめたらよいのか迷ってしまう方も多いでしょう。これから不動産投資を始めたいという方のために、不動産投資の流れについて解説しています。

不動産投資を始めるにあたっては、まずは情報収集をすることが大切です。インターネットや雑誌などで投資用物件に関する情報を得ることができますので、たくさんの物件をチェックしてみてください。

そして、気になる物件があれば、立地、周辺環境について調べ、その街が発展する可能性や集客の見込みについて検討しましょう。

地価の動きについては、国土交通省の地価公示や、各都道府県の地価調査などで調べることができます。

資金計画から物件購入・引き渡しまで

次に、資金計画を立てます。自己資金はどのぐらい用意できるのか把握したうえで、住宅ローンの借入額・物件購入にかかる諸費用・購入後のメンテナンス費用・想定される収益などをもとに、購入可能な物件を絞っていきます。

候補がある程度絞れたら、不動産会社に相談します。不動産会社では条件に合う物件を紹介してくれますので、実際に物件を見て、建物や部屋の状態、周辺環境をチェックします。

また、対象物件の将来性や収益、空室のリスクなども考えたうえで、購入を検討します。

購入する物件を決めたら、申し込み手続きをします。売り主と購入価格について交渉したうえで、売買契約へと進めていきます。契約書の内容に同意し、署名捺印をし、手付金を支払えば、契約手続きは完了です。

もし住宅ローンを利用するのであれば、申し込み手続き後に、住宅ローンの審査を受けます。審査には1週間から1ヶ月ほどの期間がかかり、審査に通過すれば、ローン契約を結びます。

最後に物件の引き渡しをして完了となり、物件や登記申請書類を確認し、残金の支払いを行います。

賢い資金の調達法について

不動産投資にはまとまったお金が必要になるため、ほとんどの方が銀行などから融資を受けています。銀行により融資の上限額や金利、返済期間は異なりますし、資産状況や年収によっても借入額は違ってきます。

一般に、物件購入価格の20~30%を頭金として準備すると良いと言われていますが、できるだけ多くの資金を準備することで、借入額が少なくなりローンの返済も楽になります。

また、返済計画を立てる際には、家賃収入、空き室のリスク、諸経費、金利などを考慮し、無理のない返済額を設定しなければなりません。

 
兵庫県の不動産投資サポート会社を集めました